概要

H2O Driverless AIは「ユーザー部門でも扱える、数値データに基づくマシンラーニング用のAI開発ツール」です。数値データ・文字データから需要予測や不正検知のモデルを全自動で高精度に、GPUを使って高速に導出し、現場でポータブルに予測や検知を実行できます。

特徴

  • 数値データ・文字データからの洞察(例えば需要予測、不正検知など)をモデル化するには、手慣れたデータサイエンティストによる開発が必須といわれています。
  • H2O Driverless AIは独自のノウハウをAIエンジンとして提供し、精度の高いモデルを生成してくれます。
  • ユーザーは用意したデータの何を分析したいかを指定するだけでDriverless AIが最適モデルを構築してくれるため、データアナリストがいないユーザー部門でも対応可能です。
  • AIモデルの精度維持のために定期的にAIモデルを作成する場合にも利用者を選ばない点が強みです。

機能

  • 自動化されたフィーチャー・エンジニアリング、モデルの選択、チューニング、および展開
  • わかりやすい視覚化とモデルの説明を作成するための機械学習の解釈可能性
  • NVLink GPU搭載のIBM Power Systemsで最適化されており、データの取り込み、フィーチャー・エンジニアリング、トレーニング時間を短縮して、迅速な開発と展開を実現
  • サポート・アルゴリズム:定数モデル、決定木、FTRL、GLM、Isolation Forest、LightGBM、PyTorchモデル、RuleFit、TensorFlow、XGBoost、ゼロ膨張モデル

動作環境

GPU搭載のPower System IC922(9183-22X)、あるいはGPU搭載のPower System AC922(8335-GTH)

参考価格

お問い合わせください。

事例紹介

センコーファッション物流ほか。詳細については下記をご参照ください。