概要

  • ノンプログラミングによる容易なプロセス定義
  • 役割に応じた操作、承認プロセスによるガバナンス強化、品質の担保
  • 計画・実行・実績の可視化によるリリース管理負荷の軽減

特徴

  • 操作を自動化してヒューマンエラーによるトラブル発生の抑制、属人化防止
  • 標準化部品の利用、自動化によりデプロイにかかる時間を短縮、工数削減
  • デプロイ担当者、承認者の記録、権限の設定にかかる作業を軽減

機能

ドラッグ・アンド・ドロップでの自動化
面倒な手動ステップとスクリプトをわかりやすい自動化フローに変換します。プログラミングは不要です。
企業向けの高度なセキュリティーと拡張容易性
完全な高可用性サポートとともに、職務の分離の適用を提供します。
分断の解消
無駄のない俊敏なDevOpsソフトウェア提供アプローチで、基幹業務、開発、IT運用の間で密接に連携します。
コストの削減
エラーをなくし、セルフ・サービス環境を提供することにより、手動による作業、リソースの待ち時間、再作業の量を削減します。

動作環境

Serverは、RHEL 8, Windows Server 2019 など。Agentは、RHEL 8, Windows Server 2019 のほか Windows 10 Pro、Debian 10 など。
詳細は Software Product Compatibility Reports でご確認いただけます。

事例紹介

下記をご参照ください。