SpoolEye

概要

SpoolEyeは、IBM社が提供しているオフコンのスプールデータをPDFファイル、エクセルファイル、CSVファイル、テキストファイルへ変換してくれるツールで、従来の変換ツールよりも多機能で高速変換、尚且つコストもお手軽な優れものです!

特徴

AS/400への導入不要

AS/400への導入は不要、クライアントで動作します。

4種類のファイルへ変換

PDF、Excel、Text、CSVの4つに変換可能です。

変換スピードが速い

1000PのPDF変換でもわずか30秒程度。

APW罫線へも対応

APW罫線もそのままPDFファイルの中に反映します。

倍角、4倍角も対応

倍角、4倍角文字列もPDF変換なら対応可能です。

印字位置補正・PW設定・外字対応

印字位置の補正やパスワード設定機能もあります。

豊富なオプション機能

外部アプリケーションとの連携など豊富なオプション機能が満載。

機能

オプション機能

  • コマンドラインプログラム、外部アプリケーションとの連携
  • 5250エミュレータとの連携
  • スプール自動保存対応
  • BarCode設定、バーコード出力、QRコード出力
  • PDFテンプレート、罫線描画、イメージ貼付

構成イメージ

SpoolEye 構成イメージ

動作環境

IBM i 環境
V5R1M0以降
クライアント環境
Windows 2000/XP/VISTA/7/10

参考価格

  • 40万(法人ライセンス)※オプション別途