DEFENDER-X-不審者事前検知ソフト

概要

すべてのセキュリティ機器が過去になる

DEFENDER-Xは、人の精神状態を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知する新しいシステムです。カメラ映像から不審者を瞬時に事前検知し犯罪を未然に防止できます。
医療機関との共同研究により、病状の予測が可能になっており、パイロットや運転手・企業・学校など、あらゆる健康チェックに有効です。

特徴

DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します。
既存の防犯システムへの付加も容易で用途に合わせた様々な活用が可能です。
新たな技術で安心・安全な社会作りに貢献します。

  1. 不審者を入場時点で事前に検知し尾行及び救援要請することにより犯罪を未然防止
    (従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残りません)
  2. 照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知
    (犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可です)
  3. リアルタイム監視映像はもちろん過去の録画映像からも不審者の検知
    (犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)
  4. 既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない
    (既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)
  5. 導入用途も多彩。外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより薬物による被害防止
    犯罪が現象する事で犯罪者に対しての早期解決及び抑止力効果が得られます。

機能

カメラ画像から自動解析し、不審者を事前検知はもとより記録画像からの事後解析します。

DEFENDER-X カメラ画像

トラブルや事故の未然防止、犯罪の未然防止、早期解決にDEFENDER-Xのチカラを発揮します。
動画より人の振動成分を抽出して精神状態を解析します。解析結果から不審者を事前に検知し、赤枠で表示することにより不審者を特定します。

構成イメージ

DEFENDER-X 構成イメージ

群集の中で犯罪を犯す潜在的可能性の高い人物を事前に検知します。
不審者の行動追跡や尾行により犯罪を未然に解決することにより抑止力の効果が向上します。
監視カメラ映像はもとより、過去の録画映像からの解析が可能。次世代の防犯セキュリティソフトDEFENDER-Xが革命を起こします。

動作環境

カメラ仕様
カメラ
IPカメラ(ONVIF Profile S対応)
接続フォーマット
MJPEGまたはH.264
必要解像度
VGA(600×480)以上
フレームレート
25fps以上(日本はNTSCであるため30fpsが理想)
PC推奨スペック
OS
Windows 7, 8.1, 10(DirectX9.0以上)
CPU
Corei7 4790(Haswell 以降)、Clock:3.6GHz以上
RAM
8GB以上
HDD
100GB以上

参考価格

  • 都度お見積り

事例紹介

参考:ロシア国内で約500システム及び諸外国(米国・カナダ・オーストラリア・ドイツ・スウェーデン・スイス・エジプト・ブラジル・ベトナム・インドネシア・中国・韓国・日本)で約500システム強が現在稼動中。

DEFENDER-X 数値が示す信頼性の高さ