• 第一回 SwiftSensorsの世界へようこそ
  • 第二回 構成要素と特徴のご紹介
  • 第三回 ドア開閉センサーのご紹介
  • 第四回 クラウドカメラEagleEye連携のご紹介
  • 第五回 温度センサーを携帯し移動中の温度を測定
  • 第六回 検証用センサーのご紹介
  • 第七回 SMSと電話での通知機能ご紹介
  • 第八回 APIのご紹介

概要

Swift Sensorsは、2018年6月に日本初上陸した、CLOUD IoTセンサーシステムです。一切の設定、チューニング、ソフトウェアのインストール等の準備作業が不要の世界初のセンサー統合サービスです。

※詳細につきましては、下記URLの製品情報サイトをご覧ください。
https://www.i-guazu.co.jp/lp/swiftsensors/

特徴

用途・目的別に最適化されたPlug and Play、Wirelessセンサー

温度・湿度・漏水/振動/位置/加速度/電気・磁気等30種類のセンサーをご用意しています。これらはすべて電池で稼働しており煩わしい設定やチューニングは不要です。電池の交換はお客様で可能で、概ね1年~1.5年で交換となります。

センサーはすべてWirelessなので配線は不要

目的物に装着すれば直ちにモニターデータをSwift SensorsブリッジにWirelessで送信を始めます。電源やデータ送信のための配線は一切不要です。

インストールするソフトウェアは一切なし

ブリッジには一切ソフトウェアの導入やセンサーとの設定作業はありません。ブリッジは圏内のセンサーを自動感知し受信を開始します。(BLE仕様で約50m圏内で感知します。)

PC/タブレット/スマホでどこからでも監視が簡単に行える100%CLOUDダッシュボード

ブラウザベースのダッシュボードでは、データ分析の為のリアルタイムの資産監視が可能です。個々のセンサーまたはセンサーグループになしきい値のカスタマイズが可能で、異常を知らせるSMS/電子メールへのアラートを設定できます。また規制遵守のための柔軟なレポートを作成するための分析ツールが含まれています。

セキュリティ万全の100%クラウドシステム

Swift Sensorsは、運用のためのサーバー、ストレージ、ソフトウェアの保守は一切不要です。そして業界の専門家によってサイバーセキュリティ対策が十分に組み込まれたクラウドシステムが構築されています。

特設サイト