Hybrid RESOURCE

概要

Hybrid RESOURCEは、CPU・ディスク・ジョブなど各種システム資源の利用状況を監視し、適正なシステム稼働を支援するシステム・リソース管理ツールです。

特徴

一元管理

CPU、DISK使用率、ジョブなどを一元管理

レポーティング

容易なグラフ作成をし、CSV出力も可能

しきい値超えを通知

きい値設定により異常を監視。Hybrid MESSAGEとの連携により通知も可能

機能

主な機能

リソース蓄積
ある一定時刻のシステム状況をトレースし、詳細データを蓄積
警告メッセージ
トレース中に異常値を検知すると、警告メッセージを発行
トレース分析
トレースデータを基に、グラフや帳票を表示し運用レポートを作成

導入メリット

  • オンラインジョブの利用状況を監視
  • 表示するグラフの内容を簡単に設定
  • レポート出力・印刷が容易
  • 複数台のマシン情報をまとめて表示・管理
  • リソースの異常をアラートで通知

構成イメージ

Hybrid RESOURCE 構成イメージ

動作環境

IBM i 環境
オペレーティング・システム
i5/OS V5R4 以降 又は IBMi V6R1以降
クライアント環境
オペレーティング・システム
Microsoft Windows 7 以降

参考価格

  • 30万(P05 1Core 1区画 2台構成)※機械グループ・区画数により変わります、保守別途