概要

リスク・ベースのアクセス管理、シングル・サインオン、モバイル対応の多要素認証などにより、使いやすさとセキュリティーを両立できるようにします。

特徴

アプリケーション・データ、地理的位置、IPレピュテーションなどのリスク要因をもとにアクセス管理できます。

機能

モバイルの生産性を妨げる障壁の解消
多要素認証機能 IBM Verifyにより、モバイル上の情報資産への便利で安全なアクセスを実現します。
リスクを認識する認証の確保
高リスクの要因を動的に評価して、機密性の高い重要な資産を保護します。
すべてのプラットフォームへのアクセスの管理
クラウド環境、オンプレミス環境、モバイル環境の一般的なアプリケーションへのカスタム接続を確立します。

動作環境

ハードウェア・アプライアンスまたは仮想アプライアンスとして提供されます。

参考価格

各種前提条件により変わりますので詳細はお問い合わせください。