業務自動化ソリューション ipaS

概要

業務自動化ソリューション ipaSは、PC上で動作するシステム・アプリケーションに対し、今まで人が行っていたマウス・キーボード操作を、簡単に記録し自動化することができます。自動化する操作は、ブラウザによるシステム利用、プリンタへの印刷指示、バッチプログラムの実行など、画面上で操作できることは全て自動化することができます。外部ファイルに定義されているデータをもとに、データ大量登録なども自動化することができます。ipaSによる捜査の記録、記録した宗田の実行は簡単操作で記録することができます。

特徴

品質向上・スピードアップ・コスト削減

ipaSなら既存の業務・システムを変えることなく、品質向上・スピードアップ・コスト削減を実現します。

  • 複数システムへの入力を一括自動化、大量データの連続処理も可能です。
  • 自動処理により入力や操作ミスが低減、業務品質の改善と生産性の向上ができます。
  • 夜間や休日なども稼働できるので、従業員の残業や休日出勤を減らすことができます。

機能

画像認識、オブジェクト認識、座標認識、構文認識など

構成イメージ

ipaS 構成イメージ

動作環境

OS
Microsoft Windows 7, 8.1, 10(32bit, 64bit対応可)
Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012R2, 2016
CPU
2.40GHz以上のプロセッサ推奨
メモリ
4GB以上推奨
HDD
1GB以上の空き容量推奨
必須ソフトウェア
Java 8(JRE 1.8)※ツール内に同梱しております。
その他
.NET Framework※プラグインの一部で利用。通常はプリインストールされています。
Microsoft Excel 2010以降※Excelプラグインを利用する場合に必要となります。

参考価格

  • ライセンス数に応じて個別にお見積りいたします。

事例紹介