SP4i

概要

SP4i は、Javaコーディングを一切必要としないIBM i(AS/400)対応のWebアプリケーション開発ツールです。IT部門の既存スキル(RPG/COBOL)をフル活用したWebアプリケーション開発を実現します。

特徴

3つの魅力でIBM i のWeb化を実現!

簡単!
  • 全ての業務ロジックを使い慣れたRPG/COBOLでコーディング
  • JavaなどWeb特有のプログラミングスキルは不要
  • Web画面の制御ロジックは100%自動生成
自由!
  • HTMLで自由な文字数やサイズの画面を設計
  • 画像やコンボボックスなどの部品を自由に利用可能
  • Webサーバー構成はIBM i 、Windowsサーバーの選択可能
モバイル対応!
  • モバイル開発もRPG/COBOLスキルで実現
  • iPhone、iPad、Android や主要なブラウザに全て対応
  • ハイブリッドアプリでカメラなどの端末機能を活用

機能

IBM i を基盤とするWebアプリケーションをわずか4つのステップでシンプルに開発できます!

STEP1:画面の作成/Webアプリケーションの業務画面を設計

  • HTMLで制約の無い画面を自由に作成します
    ※DSPFは使用しません
    ※CSSなどのデザインを盛り込むことも可能です
  • ボタン/画像等の部品を自由に使用できます
  • 市販のHTML作成ツールで画面の作成が可能です
STEP1

STEP2:画面連携とプログラムの自動作成/設計したWeb画面よりRPG、COBOLプログラムを生成して連携

  • 画面とプログラムの通信に関する設定をします
    ※入出力項目のデータ型や桁数等を定義します
  • 設定後、IBM i へプロジェクトの配布、WebサーバーへHTMLファイルの配布を行います
    ※Web画面と連携するプログラムは自動生成されます
  • 言語は、RPG(RPGⅢ)、ILE RPG(RPGⅣ)、COBOLから選択できます
    ※企業システムでの利用実績が最も多いRPGⅢに対応しています
STEP2

STEP3:業務ロジックプログラミング/エラーチェック、DB更新などの業務ロジックを記述

  • SP4i が自動生成するプログラムに必要ロジックを追加します
  • IBM i とWeb画面との転送ロジックなどは自動生成されるため、必要なコーディングは業務ロジックのみです
STEP3

STEP4:メニューの登録/完成したプログラムをIBM i に登録して、Webのメニュー画面を生成

  • IBM i 上の専用画面からユーザー単位で使用するプログラムを登録
  • 専用URLから実行、IBM i のユーザー・パスワードを入力
  • 実行時のセッション管理は自動
STEP4

構成イメージ

SP4i 構成イメージ

動作環境

IBM i (AS/400)
V6R1 以降
アプリケーションサーバー
Apache Tomcat 7.0以降(Windows)
IBM WebSphere Application Server V7以降(IBM i / Windows)
クライアント動作環境
Chrome
Edge
Firefox
Safari
iOS version 7.1.2以降の標準ブラウザ
Android version 4.4以降の標準ブラウザ
SP4i V3(モバイルアプリ)
iOS version 12以降の標準ブラウザ
Android version 5.0以降の標準ブラウザ

参考価格

  • 別途お問い合わせ

事例紹介