Magic xpa Application Platform

概要

基幹システムをすばやく柔軟に開発・運用できるローコード開発ツール

Web、モバイル、C/Sの様々な形態の業務システムを1つのツール/1つの手法で開発できるローコード開発ツールです。基幹業務システムのプラットフォームとして35年以上の実績があり、国内800社以上のパートナーが構築したシステムは45,000社以上の企業に導入されています。

特徴

“ IBM i のシステム資産を活用したWeb、Windows PC、モバイルアプリケーションを期間とコストをかけずに構築したい。” Magic xpaはそんな要望にローコード開発で応えます。

一般的なプログラミング言語と比較して5~10倍の開発生産性と、仕様変更に強い高い保守性を提供します。
Magic xpaの開発スキルだけで、Webだけでなく、Windows、iOS、Androidのネイティブアプリをワンソースで開発することができるため、新規のシステム開発コストを抑えるだけでなくその後のメンテナンスを含めた長期的なトータル保有コストを削減することができます。

機能

ビジュアルな開発環境で、データモデルの定義、UI設計、業務ロジックを定義することで、アプリケーションの詳細設計と言えるメタデータを生成。アプリケーション実行環境である高速なMagic エンジンで動作します。
IBM i ゲートウェイを提供しており、Magic xpaで開発した業務アプリケーションからDB2 for IBM i データベースのアクセス、IBM i サーバのコマンドの実行、IBM i サーバからMagicプログラム、またはアプリケーションをコールすることができます。

構成イメージ

システム構成-開発・実行環境

動作環境

  • Windows 8,10,11
  • Windows Server 2016,2019,2022
  • iOS 11/12/13/14/15/16
  • Android 8.x/9.x/10.x/11.x/12.x
  • Windows PC/Windows Serverからゲートウェイ経由でIBM i に接続
    → IBM i  V7R1/V7R2/V7R3/V7R4/V7R5

参考価格

  • 開発環境:Magic xpa Enterprise Studio ¥600,000(税別)
  • 実行環境:Magic xpa Enterprise Client 1ユーザ ¥60,000(税別)~

事例紹介

公開事例についてはこちらをご参照ださい。

※ IBM i ユーザ様の事例は公開しておりません。

  • 某電気機器メーカー:既存のIBM i システムと、DB2/400に接続されたMagic xpaで開発したWindowsのシステムを併行運用中。
  • 某自動車部品製造メーカー:生産システム自社開発。