Hybrid SCHEDULER

概要

Hybrid SCHEDULERは、ジョブスケジュールの計画作業やジョブ実行のオペレータ作業を省力化し複数台にまたがるシステム運用を一元管理するソリューションです。

特徴

多彩なジョブネットワーク

時間以外にも先行・後続関係の制御やイベント発行によるジョブ起動が可能です。

スケジュールの自動化

システム担当者が判断しているカレンダー情報を自動生成し、自動運用が可能です。

異なるマシン間のジョブ連携

IBM i から他の IBM i やWindows, Linux などのプログラムを連携して処理することができます。

機能

主な機能

リアルタイム処理に対応
オンライン処理のスケジュールが可能。またファイルが到着する度に実行するような不定型なスケジュールに対応します。
遅延管理
指定時刻に起動・終了しなかった場合の処置を登録できます。
自動化リカバリ機能
実行中のプログラムが異常終了した場合に、メッセージ単位でリカバリ対応します。
自動化リカバリ機能
GUI表示機能
ジョブの状況表示と再投入等のオペレーションができます。
GUI表示機能
『I-O・MASTER』機能(オプション)
プログラムの入出力を管理することができます。
『I-O・MASTER』機能(オプション)

導入メリット

  • 運用の自動化・無人化によるコスト削減
  • 自動運用による人的ミスの撲滅
  • 複数台のシステム運用を一元管理
  • ジョブスケジュールの遅延も管理
  • トラブル発生時も自動でリカバリ

構成イメージ

Hybrid SCHEDULER 構成イメージ

動作環境

IBM i 環境
オペレーティング・システム
i5/OS V5R4 以降 又は IBMi V6R1以降
クライアント環境
オペレーティング・システム
Microsoft Windows 7 以降

参考価格

  • 100万(P05 1Core 1区画 2台構成)※機械グループ・区画数により変わります、保守別途