Hybrid MESSAGE

概要

Hybrid MESSAGEは、IBM i から出力される障害に関するメッセージを検知し、システム担当者へ自動通知するソリューションです。

特徴

メッセージ監視

IBM i のメッセージをリアルタイムで監視

ジョブ監視

想定と異なるジョブの動作をリアルタイムで検知

活動記録ログ(QHST)の監視

活動記録ログを監視し運用を最適化

機能

主な機能

FTP監視機能
FTP操作を検知および通知が可能
自動アクション機能
検知したメッセージに対して自動応答
障害通知機能
電子メール・音声などにより障害を通知
障害レポート蓄積機能
障害イベントごとにレポートを作成・蓄積
稼働監視機能
IBM i の稼働状況を監視
安心の国産ツール
メニュー画面やログなどは日本語ですので、安心してご利用いただけます
集中監視機能
IVZ(別売)を利用して複数のオープン系サーバやIBM i を集中監視
IVZ集中監視

導入メリット

  • オペレータの監視業務を自動化
  • 複数のサーバーを集中して監視
  • 早期に問題を発見し、迅速な障害対応
  • 障害メッセージをリアルタイムに担当者に通知
  • 障害時のリカバリ操作を登録すれば、対応作業を自動化
  • 障害レポートを蓄積し、過去の障害対応を確認

構成イメージ

Hybrid MESSAGE 構成イメージ

動作環境

IBM i 環境
オペレーティング・システム
i5/OS V5R4 以降 又は IBMi V6R1以降
PCサーバー環境
オペレーティング・システム
Microsoft Windows Server 2008 以降

参考価格

  • 80万(P05 1Core 1区画 2台構成)※機械グループ・区画数により変わります、保守別途