クラウド監視カメラシステム Eagle Eye Cloud VMS

概要

クラウド監視カメラシステム Eagle Eye Cloud VMSは、従来の監視カメラ、防犯カメラと一線を画し、将来へ向けて非常に拡張性の高い、効果的なソリューションを提供します。

特徴

  • フル機能「クラウド監視カメラシステム(VMS:Video Management System)」
  • 保管・転送中のデータ暗号化(米国 Eagle Eye Networks社が運用)
  • 各メーカーのIPカメラ(ONVIF)および既存アナログカメラに対応
  • 利用回線の帯域制御によるスムーズなデータ伝送

機能

Eagle Eyeが選ばれる理由

安全・安心な運用

録画データには個人情報を含む記録が少なくありません。ネットワーク越しのデータの覗き見、横取りによる情報漏えいを防止するため、専用線やVPNが必要となる場合があります。
Eagle Eyeは通信中の送受信データとクラウド上の保存データが暗号化されているため、覗き見、横取りをしても意味のないデータとなり、個人情報が含まれる場合でも安心した運用が可能となっています。

メーカーに縛られず用途と価格に合ったカメラ選択が可能

メーカーごとの対応機種は下記のサポート情報からご確認ください。
対応機種以外のカメラは、ご相談により対応させていただくことも可能ですので、お問い合わせください。

既存アナログカメラシステムの有効活用が可能

クラウド方式への移行にはIPカメラの買い替えだけではなく、屋内カメラネットワークの新設など配線設備の変更も必要となる場合があります。
Eagle Eyeは最新のクラウドシステムでありながら、これまで利用されてきたアナログカメラを直接収容することが可能なため、既存設備の有効活用と初期投資費用の軽減を可能とします。

アナログカメラをEagle Eye提供のブリッジに接続するだけ

既存DVRをEagle Eye提供のブリッジに交換していただくだけで、インターネット経由で、パソコンのブラウザ、iPad、Android端末から、いつでも、どこからでも、簡単に、ライブ画像と録画画像の参照とダウンロードが可能です。
また、通信の暗号化と保存先クラウド上での暗号化ができているので、インターネットを経由しても安全で安心した運用が可能です。

高画質録画データ送信の課題を解決

動画は静止画と比較してデータが多くなる傾向があります。「大量の動画データが送り切れない」、または「回線がパンクしない」ようにするため、Eagle Eyeは録画データを「少しずつ送る」、または「夜間にまとめて送る」といった帯域制御が可能です。

回線費用の軽減

従来型の「たれ流し的」IPカメラの場合、大容量で高速の回線が必要でしたが、Eagle Eyeは設定と運用の仕方によって既存回線との相乗りが見込め、回線費用を抑えることが可能です。

※ファイアウォール配下に設置する場合、インターネット向けに80,443,22,732,8081ポートの開放が必要です。

構成イメージ

クラウド監視カメラシステム Eagle Eye Cloud VMS 構成イメージ

動作環境

PC上の主要ブラウザ(Chrome、Firefox等)、スマートフォン(iOS、Android)にて閲覧、操作が可能。

参考価格

お客様要件により最適な製品選定が異なり価格が変わります。以下は一例です。

  • 初期費用(1台あたり)
    ブリッジ ¥90,000
    PoEスイッチ ¥70,000
    カメラ ¥30,000
  • 月間費用(カメラ1台あたり)
    サブスクリプション ¥3,000

事例紹介

導入事例は下記をご覧ください。